1. 飯綱町の農産物が美味しい理由

飯綱町の農産物が美味しい理由

飯綱町は、一年を通じて降水量が少なく、日照時間も長くありながら、昼夜の寒暖の差が大きい内陸性の気候を保ちます。 平均気温は10.9℃で、町の中心には飯縄山から流れる雪解け水を集めた鳥居川が流れ、 鳥居川から取水した用水により豊かな農村地形を形成しています。江戸時代には、武州(東京)と加州(金沢)とを結ぶ街道の中間地点にあたり、宿場町として栄えました。この内陸性の気候と、清純な天然水により養分をしっかり蓄えた土壌から、おいしい農産物を育んでいます。中でもリンゴとお米は飯綱町を代表する農産物として、全国でも有数の産地です。
wakewake2